友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。

本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。
月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。
相乗効果なのか、ほどなくして二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。
妊活中の女性において、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。
葉酸の働きは、貧血を予防する効果がありますし、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。
ほかにも、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。
ですので、赤ちゃんを望む夫婦どちらにも非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血作用を高める効果があります。
これは不妊体質の改善にも効果があり、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠のチャンスが直接的に増えるのです。
タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。
造血作用で血液が増えることで、酸素や栄養も運ばれやすくなり、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、葉酸を補給することを正式に厚生労働省が推奨しています。
なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。
葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。
その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが心掛けたいですね。
不妊体質を改善するために、いつもの食事を改めてみるのも重要なことだと思います。
卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、不健全な食習慣の下では活発な卵子・精子は望めません。
妊娠を望むなら、まずは体作りです。
規則的で栄養バランスに配慮した食事を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。
葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと母から聞いたことがありましたから、彼女に伝えました。
友達には、いつも笑っていてほしいから、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思う今日このごろです。
葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。
その効果は厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。
葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿とか汗で流出します。
そのため、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。
とはいえ、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。
葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。
ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。
ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。
ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。
さらに乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが改善していくという訳です。
ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。
こうした動画を活用すれば、自宅でも行えますし、軽く運動する事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。
こうした運動は体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。
妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居ます。
しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。
ですから多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りないという事もあるので、注意が必要です。
不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。
自治体の助成金制度を利用しても、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく自治体が多いですね。
治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、助成回数を増やしたほうが良いように思います。
私はもうじき40歳ですし、見捨てられたような寂しい気持ちで、疲れきっています。
もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>妊活希望者はいつから葉酸サプリを飲めば良いの?

インプラント治療の問題点

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。
インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいと考えてはいけません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。
インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。
もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>歯の汚れが黒くなる様になってしまった

インプラント治療が難しい

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。
それは気にしないでください。
確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。
周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。
とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。
インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
あわせて読むとおすすめ⇒タバコのヤニ取りはホワイトニング用歯磨き粉を使う事がおすすめです

典型的なインプラント治療

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という段階を踏みます。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
現金で費用を一括払いする必要なく、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。
そうなる理由として、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。
より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。
こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。
保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。
確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒歯を白くする秘訣はセルフで歯磨き粉で磨きましょう

インプラント治療を勧められた

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は高額になることを知っておいてください。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。
治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。
安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。
インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。
そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。
虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
PRサイト:ホワイトニングの歯磨き粉での売上ランキング

再度同じ治療を行えなくなる

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。
それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。
さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。
腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
購入はこちら>>>>>ホワイトニングジェルは使い方で効果的に使用できます

治療に失敗した場合

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。
入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、サボらず毎日のケアを行ってください。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。
そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。
本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
購入はこちら>>>>>歯のホワイトニングは効果的とは思えません

差し歯は自前の歯が残っていなければ使えない

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。
それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。
どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。
保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。
どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。
インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
もっと詳しく>>>>>タバコを吸うと歯の黄ばみに悩む

インプラント治療を適用できない

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。
現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはできるケースが増えました。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。
ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。
より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。
どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。
感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
参考にしたサイト⇒白い歯 歯磨き粉 ランキング

最良の歯科医を探し出すかです

インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。
歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が必須といえるでしょう。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。
日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。
どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費が気になるのは当然です。
実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。
おすすめサイト>>>>>歯磨き粉で歯の汚れを取る